三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

本の感想 自己啓発

バカは、打席に立つ回数が多い・【バカは最強の法則】の感想

更新日:

スポンサーリンク

ホリエモンこと、堀江貴文さんの「バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~」という本を読みました。

本の大部分は漫画ですので、非常に読みやすくて分かりやすく成功法則が学べると思いました。

その中の最初の法則が「バカは、打席に立つ回数が多い」という物です。

これって確かに本当だと思いますし、私は思い浮かぶことがあります。

自己紹介のところにも書きましたが、私はネットで生活していますし、ネット上に情報を掲載する事で生計を立てている人間です。

このブログもそのうちの一つでしかありません。

しかし、私が実際にどれ位の数のサイトを保有しているかと言えば、220サイトほど所有していますし、借りているレンタルサーバーだけでも23個あります。

ネット初心者や普通の人が見ると、「凄い!!」といいビックリされる事が大半です。

ちなみに、ドメイン代とサーバー代を考えると、年間の経費は50万ほど掛かっています。それでも十分に利益が出ているので気になりません。

 

 

スポンサーリンク

 

ネットで稼いでいる人のよくあるパターン

私の220サイト所有というのも、ある意味「バカは、打席に立つ回数が多い」に当てはまっているのではないかと思いました。

しかし、ネットで稼いでいる人の中では、自分はまだまだサイト数が少ない方でもあります。

私の知り合いで、一番、サイト数を持っている人は1万サイトを超えています。

スポンサーリンク

もちろん、サテライトサイト(専門用語ですみません)が大半になりますが、1万サイトを保有しています。

ネットで稼ぐ多くの人が大量にサイトを所有している場合が多いのですが、その中でまともに稼いでいるサイトは100サイトあっても3つくらいの場合が多いです。

場合によっては、100サイトのうち1サイトで100万稼いでいるような人もいます。

 

稼ぐ人に共通のパターン

稼ぐ人に共通のパターンがあるのですが、成功するまで諦めずに打席に立ち続ける事が出来るという能力があるからではないかと思いました。

ちなみに、サラリーマンであれば決まった時間だけいれば確実にお金は貰えます。

しかし、自営業などの場合は、成果報酬なので決まった時間だけいてもお金は貰えません。

仕事をやってもやっても、1円にもならない可能性が数多くあるわけです。

それでも、打席に立つことが出来て1回当てる事が出来れば、サラリーマンでは得る事が出来ないような額の給料をもらえたりします。

非常に泥臭い成功法則に思うかも知れませんが、「打席に立ち続ける事は大事」だと思いました。

これは何も仕事だけではなく、恋愛においても同じで、自分のストライクゾーンに入った女性には積極的にアプローチしてもらいたいところです。

ただし、振り向いてくれないと、一人の女性に延々とアプローチを続けるのは、賢い選択しとは思えません。

 

打席に立ち続けるだけではダメ

先ほど、私は打席に立ち続ける事が大事だと言いました。

しかし、厳密に言えば打席に立ち続けるだけでは成功出来ない事もあります。

なぜ、成功出来ないかと言えば、同じ失敗を何度も繰り返してしまっては、意味がないと言う事です。

立席に立つ→失敗した→改善→打席に立つ

上記を見ると分かるかと思いますが、悪い部分は改善しなければいけません。

これが出来ないと、同じ失敗を繰り返して前に進むことが出来ないわけです。

エジソンも電球を作るのに1万回失敗したと言われています。

しかし、1万回同じ失敗をしたわけではありません。

本人の言葉でいえば「上手くいかない方法を1万回見つけた」そうです。

特に、頑張って行動しているけど、上手く行かない人は「改善」が上手く出来ていないような気がします。

打席に立ち続けるだけではなく、改善する事も意識していきましょう。

スポンサーリンク

-本の感想, 自己啓発

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.