三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

三国志

夏侯惇は呂布の計略で捕虜となり、韓浩に見捨てられそうになった!

投稿日:

スポンサーリンク

夏侯惇と言えば、曹操配下の猛将として有名ではないかと思います。

夏侯惇は三国志演義では、呂布配下の曹性に弓矢で目を射抜かれてしまいますが、自分の目を食べてしまい、さらに曹性に襲い掛かり一撃で仕留めています。

他にも、曹操が董卓配下の李儒の策略で絶体絶命のピンチに陥った時も、駆けつけて一撃で徐栄を討ち取っているわけです。

曹操配下となっていた関羽が袁紹軍の顔良文醜を討ち取った後に、曹操の元を去り五関を破り劉備に元に行った時も、最後の敵として夏侯惇が立ちふさがっています。

三国志演義で夏侯惇は、圧倒的な武勇を誇る猛将として描かれているわけです。

イメージ的には、死ぬまで戦い続けそうな雰囲気もありますが、史実では呂布の計略に引っ掛かり人質となった事もあります

さらに、自分の配下である韓浩には見捨てられそうになった事もあるわけです。

今回は、夏侯惇が呂布の計略で捕虜となり、韓浩に見捨てられそうになった話を紹介します。

尚、上記の画像は横山光輝さんの漫画三国志において、夏侯惇が弓矢で射られたシーンです。

 

スポンサーリンク

 

呂布の計略により捕虜となる

この話は陳寿が書いた正史三国志の、夏侯惇伝にも掲載されている話で、呂布の計略に落ちて夏侯惇が捕虜になってしまいます。

呂布ですが、武勇一辺倒で計略とか考える事が出来る様な人だったの?と思うかも知れません。

しかし、史実の呂布は董卓配下時代に、味方であるはずの胡軫に計略で敗走させた過去があります。

見方に偽情報を流すとか、ありえないと思うかも知れませんが、それをやってのけるのが呂布ですw

これを考えると、丁原とか董卓はよく重用したよな~と思ってしまいますが・・

話を戻しますが、曹操が陶謙を攻撃して本拠地である濮陽を夏侯惇に守備させていました。

しかし、陳宮が暗躍して張邈らと共謀し、呂布を濮陽に呼び寄せてしまったわけです。

濮陽はもちろん、大変な事になりますし、夏侯惇は曹操の家族を保護しに行く途中に、呂布に出くわして戦闘も起きています。

呂布は夏侯惇と戦闘をするのですが、ここで兵士が夏侯惇に降伏を申し出たわけです。

これを夏侯惇は受け入れてしまいます。

この降伏は、呂布が仕掛けた偽りの降伏であり、降伏した兵士が決起して夏侯惇と捕らえてしまったわけです。

ここにおいて、夏侯惇は捕虜となってしまいました・・。

呂布みたいな男の計略で捕虜になるのは、気の毒と言ってもよいでしょう・・・。

 

スポンサーリンク

 

 

韓浩に見捨てられそうになる・・・。

夏侯惇を捕虜にした一団は、調子に乗ったのか、夏侯惇配下に対して財宝を寄こせと脅迫してきたわけです。

これに夏侯惇配下の兵士は、恐れおののいたようですが、韓浩が次のように脅迫する兵士に言ったと言われています。

お前ら極悪人は、夏侯惇将軍を捕虜にした。お前たちは、こんな事をして生き延びられると思っているのか。

儂は、命令されて賊を討伐している、夏侯惇将軍の命と引き換えに、お前たちを助けるわけには行かない

つまり、敵の兵士に向かって、宣戦布告したわけです。

さらに、韓浩は夏侯惇に向かって涙を流し、次の様にも言っています。

これは国法になるわけですから、どうしようもありません・・・

スポンサーリンク

そして、韓浩は敵の兵士に向かって果敢に攻撃を仕掛けたわけです。

この時に夏侯惇が「馬鹿やめろ!」と思ったのか、「それでこそ我が配下!」と思ったのか、潔く「仕方なし」と思ったのかは、記録がないので分かっていませんw

韓浩の行動にビックリした敵の兵士は、「自分たちは生活品が欲しかっただけ」だとか、適当な言い訳をして夏侯惇を差し出したわけです。

しかし、韓浩は敵を許す事なく、全員斬り捨ててしまいました。

一歩間違えれば、夏侯惇は斬られていたわけですが、韓浩によって何とか助かったわけです。

この後、夏侯惇と韓浩が不和になった話もないので、夏侯惇は韓浩の行為を正当なものとしてみたのかも知れません。

 

曹操が韓浩を絶賛

曹操は、この事を聞くと韓浩を絶賛したそうです。

さらに、曹操は韓浩の取った行動は、法律にするべきだと言い、「人質になった者も人質を取った者も両方共討て」と法律に示されたとされています。

法律に定められた事で、人質を取る輩が激減したそうです。

この曹操の話を聞いて、夏侯惇がどの様に思ったのか分かりませんが、自分が捕虜になってしまった事を恥じた可能性も多いにあるでしょう。

尚、韓浩は三国志演義では、荊州四天王?の一人である悪名高き韓玄の弟という設定にされています。

三国志演義の韓浩の役回りは酷く、劉備が劉璋から蜀を取った後に、厳顔黄忠、法正などが魏の漢中に攻めて来たわけです。

厳顔や黄忠が年寄りと言う事で、韓浩は舐めていて張郃夏侯尚らと共に攻めていますが、敗れています。

韓浩の最後は、黄忠と一騎打ちとなりますが、呆気なく敗れ去ると言う散々な役回りとなっているわけです。

しかし、これらは三国志演義だけの話であり、史実の韓浩は屯田を曹操に進言したり、様々な活躍があり曹操の評価も高かった人物となります。

韓浩は史実では夏侯惇の配下から始まり、列侯にまで出世しています。

韓浩は、三国志演義を書いた羅貫中によって、残念な人にされてしまった一人となるでしょう・・・。

 

韓浩の態度は現代にも通じる!?

夏侯惇が人質になってしまった時の、韓浩の態度ですが、現在でも色々と言われている事でもあります。

例えば、日本と北朝鮮の間には、拉致問題があるわけです。

日本は過去に援助を約束し、北朝鮮から数人の拉致被害者を取り戻しました。

三国志の韓浩が行った行動とは逆であり、今の日本では人質に取られたとしても、相手に攻撃する事は出来ないのでしょう。

ここでもし「日本国民が人質に取られた場合は、要求には応じないし、自衛隊やアメリカ軍と協力して力づくで取り戻す」という法律があったとします。

魏の曹操が作った「人質になった者も人質を取った者も両方討て」という法律でもいいのかも知れません。

そうした場合に、そもそも北朝鮮は日本人を拉致したのか?という疑問もあるわけです。

これに関しては、難しい所でもありますが、自分的には北朝鮮は拉致被害者がいるのであれば、無条件で日本に返すべきではないかと感じています。

国として、人質ビジネスをやっているようでもあり、やめて欲しいなと考えいます。

世界中でテロなどが問題になっているわけですが、国によってはテロリストに人質を取られても交渉はしないと宣言している国も多いようです。

人質問題については、考えさせられる事が多くある様な気がしています。

まあ、しいて言えば三国志の夏侯惇は人質となりましたが、殺されなくてよかったと思いますが・・・w

 

関連記事:夏侯楙(かこうぼう)は、金儲けと女好きで礼に煩い夏侯惇の息子!

関連記事:楽進が名将にも関わらず評価されない件【究極の引き立て役】

 

三国志:三国志に関する記事一覧はこちらから

 

スポンサーリンク

-三国志,

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.