三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

戦国時代

織田長益(有楽斎)の史実の実績のまとめ!【迷走感あり!】

更新日:

スポンサーリンク

織田長益こと、織田有楽斎の史実の実績をまとめてみました。

織田長益は、父親が織田信秀で、兄が織田信長です。

織田長益に関しては、いくつか記事を書いてありますので、まとめ記事でもあります。

ちなみに、本能寺の変、関ケ原の戦い、大坂の陣など歴史のターニングポイントには関わっているわけですが、どこか判断が間違っているような気がしてなりません。

ただし、千利休の下では、利休十哲に入るなど、文化人としてみれば一流の人材でもあります。

しかし、空気が読めない性格などは健在なわけですw

ちなみに、上記は織田長益が築城を始めたけど、断念したとされている大草城です。

政治的な問題もあったとはいえ、築城したのに断念する当たりも織田長益らしいと感じていますw

 

 

スポンサーリンク

 

本能寺の変で織田信忠に切腹を進言する

明智光秀が1582年に謀反を起こし、織田信長が宿泊していた京都・本能寺を襲撃しました。

世にいう本能寺の変を起こしたわけです。

この時に、織田長益は、信長の嫡男であり家督を譲られていた織田信忠と共に京都・妙覚寺にいました。

織田信忠は、500人の兵士しか集める事が出来なかったわけですが、信長の救援として本能寺に向かいます。

しかし、途中で信長が横死した情報が入ると、二条城に入り明智軍と交戦する事になります。

突発的な謀反であった為に、上手く対応が取れずに、敗色濃厚となると織田長益は、織田信忠に切腹を進言しています。

さらに、自らも織田信忠が死んだ後に、後を追うと伝えたにも関わらず、逃亡してしまいましたw

本能寺の変は、織田信長か織田信忠が生きてさえいれば、織田家は衰退しなかった可能性も高いわけです。

その後、織田家は周知の通り豊臣秀吉に権力を奪われていき、織田家の正当な後継者である織田秀信は秀吉の臣下となっています。

織田家の衰退は、織田長益の切腹発言がきっかけになったとも言えるでしょう。

織田家全体が沈んだのは、織田長益の責任が大きいようにも感じるわけです。

 

関連記事:織田長益(有楽斎)の本能寺の変での行動が織田家の衰退を招いた

 

 

スポンサーリンク

 

関ヶ原の戦いでは空気の読めない態度を見せる

関ヶ原の戦いでは、織田長益は東軍として参戦しています。

織田長益の軍は450人という寡兵しかいませんが、士気は高く奮戦しています。

スポンサーリンク

敵将を討ち取るなどの活躍もあったわけですが、関ケ原の戦いの終盤に、織田長益は空気の読めない態度を見せてくれるわけですw

西軍の敗戦を悟り一矢報いるために、突撃を掛けて来た蒲生頼郷に対して「我に降れ」と高圧的な態度を取っています。

これに激怒した蒲生頼郷に襲われてしまうわけです。

部下によって命は助けられていますが、失態を見せてしまった事は間違いないでしょう。

関ヶ原の戦いで、勝利したとはいえ、どこか情けない姿が残る織田長益を描いてみました。

 

関連記事:織田長益(有楽斎)が関ケ原の戦いで見せた【空気が読めない態度】

 

大坂の陣では相手にされなくなる・・・。

大坂の陣では、最初は淀君の姪になる事から大阪城内にいた事は間違いないです。

一説によると徳川家康に内通していた、スパイだったともされているわけです。

しかし、その他の説では「誰も言う事を聞いてくれなくなり大坂城を退去した」ともされています。

確かに、本能寺の変では信忠を切腹させておいて自分は逃亡していますし、関ケ原でも空気が読めない態度が目立ちました。

そのため、大坂城内でも誰からも相手にされなかった様にも感じるわけです。

結局、大坂夏の陣が始まる前に、大坂城を退去しました。

ただし、そのお陰で命拾いをしています。

 

関連記事:織田有楽斎(長益)は大阪の陣では味方からも相手にされなかった?

 

織田長益のまとめ

織田長益の記事を読んでもらえば分かりますが、戦場ではかなり失敗が多い気がします。

さらに、文化人ではありますが、関ケ原の蒲生頼郷に対する態度を見ていると高圧的にも感じるわけです。

それを考えれば、教養は高いけど、嫌な人物だったのではないか?と思えてなりません。

教養は高いけど、教養の低い人をバカにする人っていますよね?

それにあたるのかな?とも感じてしまうわけです。

実際に、織田長益に会う事は出来ませんので何とも言えませんが、迷走が目立つ様な人物にも思いました。

ただし、現代にも続く茶道の有楽流を創設していますし、東京の有楽町の地名は織田有楽斎(長益)から来ているとも言われています。

それを考えれば迷走はしたけど、愛された人なのかも知れませんね。

ちなみに、自分は織田長益の事を余り好きではありませんでした。

しかし、記事を書いているうちに、なぜか好感度が上がってきますw

この現象が織田長益の魅力なのかも知れませんねw

 

戦国時代:戦国時代の記事一覧はこちらから

 

スポンサーリンク

-戦国時代

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.