三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

戦国時代

織田有楽斎(長益)は大阪の陣では味方からも相手にされなかった?

更新日:

スポンサーリンク

織田有楽斎(長益)ですが、関ケ原の戦いでは東軍に味方して勝利します。

西軍が敗れた時に、命を捨てるべく突撃を掛けた蒲生頼郷相手に、空気を読めない態度をするなどもありましたが。。。、

しかし、徳川家康からは功績を認められて、大和の地に3万二千石の知行地をもらったわけです。

その後、徳川家康が豊臣家に対して、難癖をつけて来て、大坂の陣が始まるわけですが、この時に織田有楽斎は大阪方にいました。

大阪冬の陣では、大坂方の武将として参戦しているわけです。

尚、上記の画像はNHKの大河ドラマで真田信繁(幸村)にスパイ行為が露見した時の織田有楽斎です。

今考えると、こんな事もあったな~という感じなんですけどねw

 

関連記事:織田長益(有楽斎)が関ケ原の戦いで見せた【空気が読めない態度】

 

 

スポンサーリンク

 

豊臣秀頼に仕える

関ヶ原の後は、多くの武将が徳川家康に仕える事になったわけです。

しかし、関ケ原の戦い以後も、織田有楽斎は豊臣家に仕えています。

豊臣秀頼の母親でである淀君は、織田信長の妹お市の娘です。

織田有楽斎は、信長の弟にあたる人物なので、淀君とは姪(めい)に当たる事になります。

さらに、知行地が大和にあるため大坂城と近かったのも理由として上がるでしょう。

徳川家康も織田有楽斎に、関ケ原後に領土を与える時に「こいつだったら豊臣家を勝手に乱してくれるかも知れない」と思い配置した可能性もありますがw

 

大坂の陣では徳川方のスパイだった?

織田有楽斎は、大坂の陣が始まると、大坂城に入城しています。

そして、豊臣方と徳川方の交渉役を務めたわけです。

大野治長や織田有楽斎は穏健派だったとも言われています。

しかし、一説によると徳川方と交渉をしながらも、大坂城の情報を徳川方に流していたとも言われているのです。

つまり、織田有楽斎は徳川方のスパイとして参戦したとする説もあります。

以前に、NHK大河ドラマで真田丸というのがありました。

そこでの織田有楽斎は、完全に徳川方のスパイとして描かれていたのが印象的でした。

さらに、スパイでありながらも調子いいような事ばっかり言ったりして、かなりウザい人物でもありましたw

結局は、真田幸村らに見破られてしまい大坂城を退去しています。

しかし、大坂城を退去した理由は、「スパイだったからではない」とする説もあるわけです。

 

 

スポンサーリンク

 

誰も相手にしてくれないから大坂城を去った

織田有楽斎ですが、「誰にも相手にされなくなって大坂城を去った」とする話もあります。

事実、織田有楽斎は大阪夏の陣の前に、「誰も自分の事を聞いてくれないから去る」といい大坂城を去った話があるわけです。

実際に、去っているわけですから、引き留める人は誰もいなかったのでしょうw

スポンサーリンク

織田有楽斎は、関ケ原の戦いでも空気が読めない発言をしていますし、余りにも空気が読めなくて周りから嫌われてしまったのかも知れません。

織田有楽斎の息子である織田頼長は強硬派だったとも言われています。

さらに、織田頼長は大阪方の総大将の位を望んだ話も残っているわけです。

このような発言が周りから白い目で見られるようになり、ついには退去に繋がったとする説です。

他にも、本能寺の変の時に、織田信忠(信長の後継者)に切腹を勧めておきながら、自分は逃亡しています。

この時点で、周りの人から信用がなく、大坂方でも浮いていた可能性もあるでしょうw

これが敵前逃亡になるのかは、分かりませんが、戦国の最終決戦である大坂の夏の陣ではいなかった事だけは間違いないようです。

大坂夏の陣では、真田幸村、毛利勝永、長宗我部盛親、後藤又兵衛などが奮戦しますが、結局は大阪方は破れて豊臣秀頼も自害しました。

しかし、織田有楽斎や織田頼長は大坂夏の陣の前に、大坂城を出た事で命拾いしています。

その後は、茶道をして余生を全うしたようです。

 

関連記事:大坂夏の陣で豊臣秀頼が出陣しなかった理由

関連記事:徳川秀忠は関ケ原では遅参して、【大坂の陣では暴走】している事実

 

武将としては使えなかったと思う

織田有楽斎ですが、武将としては二流以下ではないかと感じています。

しかし、茶道などに関しては、利休十哲に入るなど教養の高い人物だった事も分かっています。

さらに、茶道では自ら有楽道という流派を作り出して、今に繋がっているわけです。

織田有楽斎は空気が読めなかったり、人としてどうなの?という部分もありますが、一流の文化人だった事は間違いないでしょうw

尚、現在の東京では有楽町という地名がありますが、有楽町の「有楽」は、織田有楽斎の大名屋敷があったからだそうです。

さらに、大坂にもかつては「有楽町」という地名があったともされています。

これを考えると、武将としては使えないかも知れませんが、文化人として世間に与えた影響は大きいのではないかと思っています。

茶道に関して言えば、徹底的に極めたと言えるのではなかと考えています。

やはり、人には向き不向きがあり得意な事をやれば一流になれるけど、苦手な事をやっては迷走するばかりだと言う事なのでしょう。

それでも、織田有楽斎は本能寺の変、関ケ原の戦い、大坂の陣を生き抜いた武将と言えるのではないかと考えています。

とてもカッコいいと言える武将だとは思いませんけどねw

尚、織田有楽斎の記事を書く前は、余り好きな武将ではありませんでした。

しかし、色々と調べたり記事を書いているうちに、「こいつは意外といい奴かも」と思える部分も出て来たわけですw

流石に、好きな武将とまでは行きませんけどねw

 

関連記事:織田長益(有楽斎)の本能寺の変での行動が織田家の衰退を招いた

 

織田有楽斎:織田長益(有楽斎)の史実の実績のまとめ!はこちらから

 

戦国時代:戦国時代の記事一覧はこちらから

 

 

スポンサーリンク

-戦国時代

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.