三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

戦国時代

織田長益(有楽斎)の本能寺の変での行動が織田家の衰退を招いた

更新日:

スポンサーリンク

織田長益(おだ ながます)は、本能寺の変では、キーポイントになった武将です。

本能寺の変と言えば、明智光秀が織田信長に対して謀反を起こした事で有名です。

しかし、その後の織田家の事を考えると、織田長益の行動が織田家の衰退を招いたとも言えます。

史実の織田長益を見てみると、かなり迷走しているような所もあるわけです。

もちろん、関ヶ原でも迷走が目立ちますし、大坂の陣ではスパイだったとも、相手にされなくて去ったとも言われていますw

それでも、利休十哲にも名を連ねていますし、一流の教養を持った文化人でもありました。

今回は、本能寺の変で織田長益が、どのような行動を取った事で、織田家の衰退が決定的になったかを紹介します。

ちなみに、織田長益は、織田信秀の子で信長の弟にあたる人物です。

尚、織田長益は本能寺の変の時点では、織田信長の嫡男であり家督を譲られていた、織田信忠の側近となっています。

織田長益は、織田有楽斎の名前でも有名な人です。

 

スポンサーリンク

本能寺の変が起きる

1582年になると、織田信長は宿敵である武田氏を甲州征伐で滅ぼしています。

それにより甲斐、信濃が領土となり大きく版図を広げたわけです。

日ノ本の戦国大名の中では、圧倒的な国力を持った存在になっています。

天下統一は時間の問題だと思っていた時に、突然、明智光秀が謀反を起こします。

世に言う「本能寺の変」という奴です。

織田信長が宿泊していた、京都・本能寺を明智光秀の軍勢が強襲したわけです。

織田信忠も織田長益も京都の妙覚寺にいて、本能寺とは、それほど遠くない位置にいました。

ここでの織田長益の進言により、織田家は羽柴秀吉に乗っ取られてしまい衰退を招くわけです。

 

スポンサーリンク

二条城に籠城

本能寺の変が勃発すると、妙覚寺にいた織田信忠の所にも急使が訪れています。

一説によると、この時の急使に訪れた人物のうちの一人は、弥助といい織田信長が南蛮人から貰い受けた黒人だとされています。

本能寺の変の情報を聞いた、織田信忠は、父親である信長を救うために、本能寺に出陣する事を決定しました。

しかし、突発的な出来事だった為に、軍勢はわずか500人しかいないわけです。

さらに、明智軍は1万を超える大軍で本能寺を囲んでいます。

普通で考えれば勝ち目はありません。

この織田信忠の軍勢の中に、織田長益もいたわけです。

織田信忠が兵を率いて、本能寺に向かっている最中に、またもや急使が来ます。

それによると、「本能寺は炎に包まれて信長も自害した」という情報です。

これに対して、織田信忠は二条城に籠城して、明智光秀を迎え撃つ構えを見せます。

その時の、二条城には皇族である東宮誠仁親王や若宮和仁王(後の後陽成天皇)がいましたが、女中たちと共に御所に脱出しています。

このタイミングであれば織田信忠は脱出することが出来たわけです。

ここで織田信忠は軍議を開きますが、二条城は明智光秀の軍勢に囲まれてしまいます。

 

織田信忠に切腹を強く進言

織田信忠や織田長益は二条城に籠城したわけですが、戦況はどんどん悪くなっていきます。

この時に、織田長益は織田信忠に切腹を強く勧めたそうです。

戦国時代の逸話集である「義残後覚」にそのような記録が残っています。

さらに、織田長益は続いて自分も切腹するとも言ったそうです。

ここにおいて、織田信忠は「雑兵に捕らえられて最後を遂げるよりは切腹して果てよう」と意を決したとも言われています。。

ただし、この時に死を覚悟した、織田信忠は圧倒的に不利な状況にいながらも、奮戦した記録が残っています。

しかし、多勢に無勢であり、さらに二条城にも火が放たれて落城が目の前に迫ってきたわけです。

これを見た織田信忠はここにおいて、潔く切腹して果てたわけです。

ここにおいて、織田家の正当な後継者である織田信忠が死んでしまい、後継者問題に発展する事になります。

 

織田長益は逃走する・・。

普通であれば織田長益は、織田信忠に続いて切腹するのが当たり前とも言えます。

自分で織田信忠に切腹を勧めておき、さらには自分も追って切腹すると、宣言したからです。

しかし、ここにおいて織田長益は特異な行動を取ります。

ある記録によると、織田長益は切腹するための、準備を始めたとされています。

スポンサーリンク

周りに柴を高く積み上げて、自分が切腹した後に、部下が火を着けるという手順です。

柴を積み上げて、家来が離れた時に、ふと気が付くと「敵も味方もいない」という状況に気が付きます。

そこで織田長益は「ここで死ぬのは犬死」と言うと、脱出を決意して、逃走を図りますw

二条城を駆け抜けて、明智軍にも遭遇しなかったのか、一般人の振りをしたのかは分かりませんが、見事に逃走に成功しますw

逃走できるのであれば、最初から織田信忠と逃走すればよかったわけです。

それをせずに、織田長益が一人だけで逃走して安土城を目指したとされています。

その事から、京都で下記の歌が流行ったそうです。

「織田の源五(織田長益)は人ではないよ、御腹召せ召せ、召させておいて、我は安土に逃げるは源五、むつき二日に大水いでて、織田の源なる名を流す」

つまり、織田信忠に切腹を進言しておいて、自分は逃げてしまうなんて、人間として最悪だと謡われている事になります

本能寺の変で、織田長益は死にはしませんでしたが、不名誉な事をしてしまったわけです。

織田長益の人生を見ていると、ちょっと変かな?と思う所が数多く見受けられますw

それらは、関ケ原の戦いでの失言?や大阪の陣でも発揮されるわけですがw

 

織田長益が織田家を衰退させた

本能寺の変で、織田信長は横死しました。

織田信長は、厩が明智軍に占拠された事で逃げるのが難しかったのかも知れません。

さっさと撤退を決意して雑兵に変身して、逃げれば可能だったのかも知れませんが・・・。

しかし、織田信忠の場合は、逃げようと思えば逃げれる立場にいたわけです。

最初から逃走していれば、高確率で助かったのではないでしょうか?

しかし、寡兵で二条城に籠り、さらに織田長益の進言により切腹してしまいました。

織田家の大御所ともいえる信長と名目上ではありますが、家督を継いだ信忠が同時に死亡してしまったわけです。

明智光秀は、その後、中国大返しにより帰って来た羽柴秀吉に山崎の戦いで討たれています。

その後、羽柴秀吉、柴田勝家、丹羽長秀、池田恒興、織田信雄、織田信孝らで清須会議が行われる事になりました。

織田家の家督は、織田信忠の息子である三法師(織田秀信)がわずか3歳で織田家を継ぐことになります。

その後、羽柴秀吉が賤ケ岳の戦いで柴田勝家を滅ぼすなど、織田家よりも上の実力者となっていきます。

さらに、元服した織田秀信も秀吉の臣下扱いとなったわけです。

このように本能寺の変の後は、羽柴秀吉(豊臣秀吉)が着実に実績を積み上げた事で、最後は天下人になりました。

しかし、織田信忠が生きていれば、秀吉の天下が訪れたかは分かりません。

歴史にIF(もしも)が無いといいますが、もしかして、織田信忠が生きていれば違った展開を見せたかも知れませんね。

本能寺の変で織田信長と織田信忠が同時に死んでしまった事で、織田家の家臣が実権を握る状態になって行ってしまいました。

それを考えれば、織田長益は織田信忠に対して、切腹ではなく逃走を勧めていれば、歴史は変わったのではないかと思います。

しかし、織田家は本能寺の変で完全に「コケてしまった」感が強いです。

それを考えると、織田長益の切腹を進言するのは、後の歴史に大きく影響を及ぼしたと言えるでしょうw

 

織田長益がなぜか好きになれない

自分でいうのも何ですが、私は変な武将?を好きになってしまう傾向があるように思いますw

負け続けた小田氏治とかは、好きですし、無能と呼ばれた今川氏真なども嫌いではありません。

しかし、何故かはわかりませんが、織田長益の事は好きにはなれないんです。

普通に考えれば、信忠に切腹させておいて、自分は逃走するとか、かねりのネタのはずですw

それにも関わらず、なぜか好きになれないんですよね涙

好きでもない戦国武将をよく書いたなとも思うかも知れませんが、この記事をきっかけに好きになれればいいかな?とも思ったわけです。

この後、関ケ原編とか大坂の陣での記事も書こうと思いますが、それをきっかけに心境の変化があるかも知れませんw

それと、昔にやっていたNHK大河ドラマでの真田丸で、大坂城にて徳川家康に内通していて、余りにも「小憎たらしい」感じが嫌いになってしまったのかも知れませんw

真田丸でも織田長益は「ウザい」の一言だったなと感じていますw

 

関連記事:今川氏真が蹴鞠で信長、秀吉、家康をボコボコにしたw

 

織田有楽斎:織田長益(有楽斎)の史実の実績のまとめ!はこちらから

 

戦国時代:戦国時代の記事一覧はこちらから

 

スポンサーリンク

-戦国時代

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.