三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

戦国時代

薄田兼相は橙武者【大阪の陣で遊郭で遊んでいるうちに砦が陥落】

更新日:

スポンサーリンク

薄田兼相は、大坂の陣で遊郭で遊んでいる時に、敵に攻められてしまい自分の砦を陥落させてしまった人物ですw

もちろん、このような行動をすると、大阪城内の人からは「白い目」で見られるわけですw

そこで付けられたあだ名が「橙武者」ですw

読み方は「だいだいむしゃ」となります。

今回は、薄田兼相の生涯のお話です。

尚、歌舞伎や講談に登場する岩見重太郎は薄田兼相と同一人物説があります

ちなみに、薄田兼相の読み方は「すすきだ かねすけ」と言います。

薄田兼相の名前が読めなかった人は、個人的に多いと思っております。

もちろん、自分も含めてですがw

 

 

スポンサーリンク

 

薄田兼相の前半生は謎

薄田兼相の前半生は、何をしていたのかは、さっぱりと分かりません。

諸国を、武者修行して廻っていたともされています。

ちなみに、後の薄田兼相は女遊びで失敗するわけで、諸国武者修行時代に女遊びを覚えたのかも知れませんw

尚、一説によると、毛利家の重臣である小早川隆景の剣術指南役である、岩見重左衛門の子とも言われています。

叔父が薄田七左衛門という人物で、養子となり薄田兼相を名乗ったとする説もあります。

しかし、正確な事は分かっていないので、何とも言えない状態です。

尚、薄田兼相の妹は堀田一継に嫁いだとされています。

堀田一継は関ケ原の戦いでは東軍として参戦して、後に徳川秀忠の御伽衆になっています。

 

 

スポンサーリンク

 

豊臣秀吉の馬廻衆となる

本能寺の変が起きて、織田信長が死に、豊臣秀吉が天下人に向かい突き進んでいきます。

さらに、山崎の戦いで明智光秀を破り、賤ケ岳の戦いでは、織田家の重臣である柴田勝家も滅ぼしています。

徳川家康と小牧長久手で戦い、九州征伐や、四国征伐も敢行しているわけです。

破竹の勢いで天下人を目指す豊臣秀吉の馬廻衆に、薄田兼相は抜擢されています。

同じ馬廻衆の中には、真田幸村もいた事から、大坂の陣以前から薄田兼相の事は知っていたはずです。

馬廻衆は、秀吉を守る親衛隊なわけですから、腕っぷしが強かった事は間違いありません。

ちなみに、薄田兼相は体も大きく2,3人を相手であれば、軽く倒す事が出来たとも言われています。

相撲に関しては、無敵の実力を秘めていたとも言われているのです。

しかし、相撲に強いと言うと「肥満体だったのでは?」と考えられがちですが、太っていたという記述はありません。

もしかして、脂肪も筋肉も多い体型だったのかも知れません。

尚、豊臣秀吉の配下として5000石を与えられています。

大名ではありませんが、立場が親衛隊(馬廻衆)なので、仕方がないかなと思います。

徳川家康の服部半蔵的な役割もあったのでしょう。

 

豊臣秀頼の側近となる

豊臣秀吉が死ぬと、豊臣秀頼が跡を継ぎます。

この時に、薄田兼相は、そのまま豊臣秀頼に仕えています。

ただし、関ケ原の戦いでは、薄田兼相がどの様な行動を取ったのかはイマイチ不明です。

色々と調べてみたのですが、行動がはっきりとしません。

毛利輝元と大坂城にいて、行動を共にした可能性もあるでしょう。

1612年に年賀の挨拶として、徳川家康に面会した記録が残っています。

ただし、前年に徳川家康と豊臣秀頼は、加藤清正、浅野幸長達と京都の二条城で徳川家康と会見を行っています。

この時に、成長した豊臣秀頼を見た徳川家康は、体格も頭もよく優れた人物だと知ったとされています。

徳川家にとって、豊臣秀頼が憂いとなる事を知り、潰そうと考えていた時期でもあるでしょう。

そのため下手な失敗をすれば、理由を付けて豊臣秀頼に宣戦布告する危険性もあったはずです。

しかし、薄田兼相はそつなく任務をこなしたようです。

徳川家康への使者になる所から、豊臣家でも実力が認められていた事が分かります。

しかし、結局は「国家安康事件」もあり徳川と豊臣は大阪の陣で対峙する事になります。

 

関連記事:豊臣秀頼は有能だけどセコさが足りないと思った。

 

大坂の陣が始まる

大坂の陣が始まるわけですが、豊臣秀頼は大量の浪人を集める事になります。

関ケ原で敗れた武士にも呼びかけを行い、真田幸村、後藤又兵衛、長宗我部盛親、毛利勝永、明石全登なども大坂城に駆けつけています。

これらの武士の活躍が目立つわけですが、もちろん薄田兼相も参戦しています。

大坂冬の陣では、大坂城の外で戦ったのは、真田丸を築いた真田幸村だけだと思っているかも知れません。

大坂城の南にある茶臼山に徳川家康が本陣を置いた為に、大坂城の南側ばかりが注目されています。

しかし、西側では薄田兼相が城の外で博労淵に砦を築き守っていたわけです。

ここで、博労淵の戦いが始まるわけですが、薄田兼相は失態を侵してしまいますw

これが後に橙武者事件となるわけです。

オレンジ武者の誕生の瞬間とも言えます。

 

博労淵の戦いが始まる

大坂城内では、徳川方を籠城戦で迎え撃つ事を決定し、城は防備を固めていきます。

真田幸村は、父である真田昌幸の遺言により野戦を主張しますが、退けられると真田丸を作り自ら守っています。

関ケ原の戦い以後、10年以上も戦が無かったわけで、緊張状態になっていくわけです。

薄田兼相は、博労淵砦に700人で入る事になりました。

徳川勢は攻めてくるわけですが、薄田兼相が巧みに守り敵を寄せ付けません。

徳川方は、わずか700の博労淵砦に手こずってしまったわけです。

博労淵の戦いでは、徳川方の偵察部隊を狙撃したり、巧みに守る薄田兼相の方が優勢だったわけです。

しかし、徳川方に取ってみれば、博労淵砦を落とさない事には先に進めません。

そこで、蜂須賀至鎮は夜襲を提案します。

しかし、徳川方の首脳陣は、蜂須賀至鎮の出撃命令を許さず、代わりに石川忠総の刈り取り命令及び、夜襲の指令を出しています。

石川忠総は、家康の重臣である大久保忠隣の次男である事から、手柄を立てさせたかったのでしょう。

石川忠総は、葦島に陣を張り博労淵砦に夜襲を仕掛けました。

スポンサーリンク

さらに、この策を提案した蜂須賀至鎮「手柄を取られてたまるか!」と思ったのか、苛烈に攻撃を掛けたわけです。

最初は、博労淵砦にいた兵士たちは、懸命に戦ったわけですが、途中からやる気を無くして突如逃走してしまったわけですw

 

薄田兼相が女遊びをしている間に砦が陥落

なぜ、大坂方の兵士が逃亡したかですが、大将が不在だったからです。

指揮官不在だった為に、兵士は逃走してしまいましたw

この時に指揮官である薄田兼相は、大坂城の軍議に参加していたわけでもありません。

何と、薄田兼相は町に出て女を集めて、泊りがけて遊郭に通い女遊びをしていたわけですw

これに気が付いた兵士は戦闘意欲を失い逃走してしまいましたw

普通で考えれば、逃走して当たり前ですよね。

兵士は悪くないと思われますw

 

橙武者・薄田兼相が誕生

この時に、薄田兼相は大坂城に帰還するわけですが、もちろん、気まずい雰囲気が流れるわけですw

大坂方で真面目にやっている人たちからして見ると、「よくあれだけの失敗をして、やってこれたな!」という感じだったようです。

この時に処刑はされていませんので、薄田兼相は上手く理由を付けて逃れたのでしょう。

しかし、橙武者の名前を付けられてしまいました。

橙(だいだい)というのは、オレンジに似ているのですが、中身が酸っぱくて食べても美味しくないとされています。

正月の飾り付け位にしか役立つ事もない物で、使えない人の例えとして橙武者と名付けられてしまったわけです。

薄田兼相の場合は、体は大きくて強そうだけど、中身が最低という意味も込められているのだと思われますw

尚、大坂冬の陣では、これ位しか出番がないので、大坂城の奥でしょげていたのかも知れませんw

 

子供にまで馬鹿にされてしまう

大坂冬の陣は、徳川方より和睦を持ちかけられて、織田有楽斎の働きかけもあり和睦が成立しています。

ただし、大坂城の堀を埋める事で和睦が成立しました。

この時だけは、つかの間の平和が訪れています。

しかし、事件は起きますw

12歳くらいの子供が薄田兼相の事を柑橘系の食べ物を例にして

「大柑子(オレンジに近い物)は、人間でいうなら薄田兼相さんの様なものですね。見た目はいいけど、中味は最悪で食べれないし、見た目と中身が大きく違っているわけですから」

この様に言われてしまい面目を失った話が、「武者物語」に残っています。

ちなみに、自分がこんな事を言われてしまったら、この少年をビンタしてしまうかも知れませんw

この事件に関しては、本当の事は分かりませんが、大野治長がやらせたとも言われています。

ちなみに、こういう嫌がらせをするから天罰が下ったのかも知れませんが、大野治長は弟である大野治房に襲撃されていますw

因果応報という奴なのかも知れません。

大野治長も性格的に問題がありそうですw

 

大坂夏の陣が始まる

徳川方に、真田丸も壊されてしまいましたし、堀も全て埋められてしまいます。

大坂方の主戦派は、堀を掘り起こそうとするわけですが、これを徳川家康は違約だとし、再び大坂城に攻め込む事になります。

ここにおいて豊臣秀頼も開戦を決意して、大坂夏の陣が始まるわけです。

この時に、長宗我部盛親は藤堂高虎率いる軍勢を撃破したりしています。

後藤又兵衛の後詰として、毛利勝永や真田幸村らと共に薄田兼相も駆けつけています。

濃霧の為とも言われていますが、後詰が遅れた事で後藤又兵衛は戦死してしまいました。

ただし、後藤又兵衛は、道明寺の戦いでは、奥田忠次、松倉重政らを破る活躍をしています。

3000の兵士で8時間も耐えきった上での戦死です。

薄田兼相は、戦場に到着すると大阪冬の陣での名誉挽回とばかりに、得意の武術を生かして次々に敵を倒しています。

薄田兼相に与えられた兵士は30人ほどしかいなかったようですが、伊達政宗や本田忠政、水野勝成らの徳川方を相手に奮戦しました。

大坂の陣では、真田幸村の徳川家康への本陣突破ばかりが目立ちますが、薄田兼相もかなり活躍したわけです。

しかし、多勢に無勢というのもあり、次第に追い詰められて討死しています。

ここにおいて、大坂の冬の陣での名誉挽回を成し遂げたわけです。

その後、大坂城も炎上して豊臣秀頼、淀気味なども自刃しています。

豊臣秀頼も最後まで出陣する事はありませんでした。

ここにおいて、大坂の陣は徳川方の勝利が確定しました。

 

関連記事:大坂夏の陣で豊臣秀頼が出陣しなかった理由

 

薄田兼相に遊郭通いに見える思考

話を戻しますが、薄田兼相の遊郭通いについて考えてみました。

普通に考えれば、職場放棄に見えるかも知れません。

部下に対して「遊郭に遊びに行って来る」と伝えたかは分かりませんが、前線に配置された兵士にとってみれば、士気を低下させる行為なのかも知れません。

しかし、大坂冬の陣で大阪方に着いた武士は、圧倒的不利な状態にいますから、死を覚悟していた人もいた事でしょう。

実際に、薄田兼相も死を覚悟していたから遊郭に遊びに行った可能性もあるのではないかと思いました。

明日、戦場で死ぬと分かっていたとしたら、「貯金しても仕方がないから、豪遊してしまおう」という考え方です。

もし自分が、貯金が沢山あるけど、明日になったら死んでしまうと思ったら、私も豪遊に走る可能性もありますw

それを考えると、一概には薄田兼相の事は非難出来ないかなとも思いました。

その場にいたとしたら「お前!何やってんだよ!」とカッコつけて言うかも知れませんがw

尚、薄田兼相は遊郭で遊んでいたのではなく、お風呂に入っていたとする説もあります。

しかし、これって薄田兼相が大阪城内で使った言い訳のような気もしますけどね・・。

それでも、死を覚悟していたからこそ、遊郭で女を集めて豪遊していたのではないかと思います。

あと、大坂の城下町の遊郭に行ったと思われますので、戦争中でも大坂の街では遊郭が営業中だと言う事も分かる内容ですw

これが難波の商人根性なのかも知れません。

 

関連記事:徳川家康の天下人への布石は【忠誠と裏切り】に有り!?

 

戦国時代:戦国時代の記事一覧はこちらから

 

スポンサーリンク

-戦国時代

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.