三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

キングダム

秦の六将(六大将軍)の史実【実在した人物ではある】

更新日:

スポンサーリンク

秦の六将(六大将軍)は、キングダムでは将軍職のトップになるような役柄になっています。

かつて、昭王の時代に中華を駆け巡ったと言われている六大将軍を解説します。

尚、六大将軍は実在したのか?という方もいますが、六大将軍という名称は実在していません。

ただし、キングダムの六大将軍に選ばれた、白起、王騎、王齕、司馬錯、胡傷、摎の6人は実在します。

しかし、六大将軍と言うと対等な立場に感じますが、史実の実績を見ると白起だけが圧倒的に凄く、1人大将軍でもいい気がする位ですw

尚、キングダムの記述で六大将軍には「戦争の自由が許されていた」という記述がありますが、それは絶対にありえません。

今回は、その辺りの記述も含めて簡単に秦の六大将軍を紹介します。

 

関連記事:秦の昭王を【戦神】と呼ぶには無理があると思った話【キングダム】

 

 

スポンサーリンク

白起の凄すぎる実績

秦の六大将軍の筆頭と言えば白起です。

中国で実在した史実の名将10人を選ぶとしても、白起は多くの方に選ばれるのではないかと思っています。

秦の宰相である魏冄に引き立てられると、あちこちの戦場で功績を残しています。

斬首した人数をトータルで考えれば100万人を超えているはずです。

特に、趙の趙括(趙奢の子)を破った長平の戦いは有名です。

この時に、趙の兵士40万人を生き埋めにしてしまいました。

ただし、秦の昭王が信任する宰相范雎との仲違いなどもあり、最後は自刎しています。

しかし、三晋(韓・魏・趙)や楚、斉などを討伐して領土を大きく広げました。

これにより戦国七雄の他国は弱体化しています。

秦の始皇帝の統一の礎を築いたのは白起でしょう。

 

関連記事:長平の戦いを完全検証してみた!

関連記事:白起の用兵はどのようなものか?白起を徹底解説!!

 

 

スポンサーリンク

王騎が六将の生き残り?

王騎はキングダムでは六将の生き残りという事になっています。

キングダムでも屈指の人気キャラクターと言えるでしょう。

王騎は矛を信(李信)に与えた事でも重要なキャラクターとなっています。

ただし、オカマっぽい所があるとか、「ココココ」と笑うなどの記述はもちろん、史実にはありません。

インパクトを付けるために、原泰久先生が付け加えた設定だと思われます。

尚、史実の王騎将軍ですが、史記の始皇本紀によると、昭王の50年に趙の首都邯鄲を囲んでいます。

ただし、平原君や信陵君、春申君の活躍もあり落とす事は出来ませんでした。

しかし、韓の太原を取ったりしています。

秦王政(始皇帝)が即位すると、蒙驁、 麃公と共に将軍に任命されています。

始皇帝の3年に没した記録が残っています。

決して、龐煖に討たれたなどの記述もありません。

史実で、白起に比べると王騎はかなりインパクトが薄いです。

 

関連記事:王騎はカッコいいけど、史実ではほぼ功績が無い!?

 

王齕と王騎は同一人物?

王齕は長平の戦いで、最初は総大将として廉頗と戦っていました。

廉頗に対して、決定的な勝利を収める事が出来ませんでしたが、善戦しています。

後に、趙は廉頗が更迭されて、趙括が将軍になると秦の白起を総大将にして、王齕を副将にしました。

長平の戦いは大勝しますが、その後、王陵が邯鄲に進撃します。

王陵は邯鄲を落とす事が出来ずに、将を王齕に変えますが、結局は邯鄲を陥落させる事が出来ませんでした。

しかし、韓の上党を攻めて太原郡の設置に活躍しています。

魏の信陵君が合従軍(魏・趙・韓・燕・楚)を構成して、攻めてくると蒙驁と共に敗退しています。

尚、始皇本紀だと王齕は全く登場しませんが、秦本紀には登場します。

逆に、王騎は秦本紀には登場しませんが、始皇本紀には登場するのです。

そのため、同一人物説も存在しています。

スポンサーリンク

 

関連記事:王齕の史実・勝ったり負けたりだが、しぶとさも感じる!

 

司馬錯は六将の長老??

司馬錯は、史記を書いた司馬遷の先祖に当たる人物です。

戦場で戦ったなどよりも、張儀との韓を討つか、蜀を討つかの議論の方が有名です。

結局、秦の恵文王は司馬錯の意見を尊重して、蜀を攻めて滅ぼしています。

司馬錯は、秦王政の4代前の王様である恵文王の頃から登場します。

そのため、六将の中でも最年長ではないかと思われます。

生没年は不明ですが、最後の記録が紀元前280年に楚の黥中を抜いた事です。

王騎将軍などか活躍したのが、昭王の後半の時代や秦王政の前半なので、時代的に一世代前の人物とも言えます。

それを考えると、史実では六将全員が揃っていた時期はないのではないかと思います。

司馬錯は秦の昭王の時代は前半に活躍した人物だからです。

 

胡傷は六将に入れてよいのか・・・。

胡傷は六将の中では、ただ一人軍師風の人物だったとされています。

キングダムの中では昌平君の軍略の師という設定です。

史実の胡傷を見ると魏冄、白起、胡傷で魏を破り13万人を斬首した記録があります。

しかし、それ以外では、趙の趙奢に閼与の戦いで大敗していますし、その後は行方不明になっています。

キングダムでは六将を操っていたという設定ですが、史実にはそういう事実はありません。

実績も少ないので、胡傷を六将に入れていいのか?とすら思うほどです。

 

胡傷:胡傷が軍略の天才に見えない件!史実の実績を見て思った

 

摎は男ですw

摎はキングダムの設定では、昭王の娘で王騎に憧れる人物として描かれています。

史実においても、韓を破ったり西周(東周がさらに分裂した)を滅ぼしたりしています。

分裂した東周が残っていますが、西周に周王がいた事で事実として、摎は周を滅ぼした人物です。

その他にも、魏を破るなどの活躍もしています。

尚、摎は女性という設定になっていますが、史実では男だったと思われます。

楊端和羌瘣などもキングダムでは女性になっていますが、史実では男でしょう。

 

 

戦争の自由はありえない

六将は特権として、戦争の自由が許されていたとされています。

つまり、独自の判断で自由に戦争が出来ると言う事です。

しかし、普通で考えれば絶対にありえません。

戦争というのは莫大な経費が掛かるわけで、無駄に攻め込んでしまったりすれば、莫大な予算が失われてしまうわけです。

さらに、秦は遠交近攻策が范雎の時代から採用されています。

基本戦略として、近くの国を攻めて、遠くの国(斉など)と同盟を結ぶ事です。

昭王の時代であれば、魏冄、甘茂、樗里疾、范雎などが首脳となり、どこを攻めるか?などを考えていたはずです。

将軍が勝手に考えて戦争をしていた形跡は、見当たりません。

 

六将でなくてもいい気がするが・・・。

秦の六将ですが、何も六人に固定しなくてもいい気がします。

趙にしても三大天で3人の将軍がトップに君臨しています。

なぜ、6人なのか?なぜ3人なのか?については、余り触れられませんが、理由も解説して欲しい気がします。

ただし、6将にも関わらず7人いたら間抜けな気もしますがw

有能な将軍が7人いれば7将でいいのではないでしょうか?

普通で考えれば6人に拘る事はないでしょう。

尚、新六将は、王翦、蒙武、李信、王賁、蒙恬は確実ではないかと思います。

楊端和、羌瘣は趙を攻略してしまうと、史実では登場しませんし、騰は韓を滅ぼすのを最後に登場しなくなります。

そのため、6将と言っても、時期により交代もあるのかも知れません。

それを考えると、最後まで残る六将は王翦、蒙武、李信、王賁、蒙恬が堅いと思った次第です。

あと、一人は・・・また考えて記事にしたいと思いますw

しかし、六将と言いながらも、5人しかいなかったと言うのも、やっぱり。。間抜けに感じますが・・・w

 

関連記事:騰の史実【キングダム程の活躍はなく最後は左遷されていた?】

 

キングダム:キングダムの記事一覧はこちらから

 

スポンサーリンク

-キングダム,

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.