三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

キングダム

王賁の史実の実績と子孫【名将と言うにはインパクト不足?!】

更新日:

スポンサーリンク

王賁はキングダムでは李信や蒙恬と切磋琢磨する若き将軍として描かれています。

李信が叩き上げの武将に対して、王賁は名門出身という事もあり性格の違いも数多くあります。

しかし、父親である王翦とは、どこか上手く行っていない様にも感じるわけです。

今回はキングダムでも主要キャラでもある王賁の史実での実績や子孫なども紹介します。

ちなみに、「王」という性は王様の王でもあります。

王賁は周の霊王の子孫でもあり、先祖はれっきとした王族です。

キングダムの作者もその事を知っていて、名門意識の高い人物として描いているのでしょう。

尚、王賁の子孫での有名どころは3日天下で終わる王允ですw

余談ですが、王賁が初めて歴史に登場するのは、燕王喜を攻めるところですが、実際にはぎょう攻めなどから参加していたのではないかと思っています。

 

関連記事:鄴攻め(ぎょうぜめ)が龐煖(ほうけん)の最後なのか?

関連記事:鄴(ぎょう)攻めの史実【趙は全盛時の国土の半分を消失!?】

 

 

スポンサーリンク

王賁は王翦の息子である

王賁の父親は、知っている人も多いかと思いますが、王翦です。

王翦は春秋戦国時代の最後を飾る名将と言ってよい人物でもあり、楚の項燕を破った事でも有名です。

ただし、史実では始皇帝の猜疑心を説くためとは言え、「何度も土地をおねだりする」などの行為も行っていますw

しかし、そう言った行為が実を結んだのか、秦の始皇帝にも王翦や王賁は粛清もされていません。

尚、王翦はキングダムで廉頗に「勝つ戦い意外に興味がない」と言っているように、生涯に渡って無敗を貫いたような人物です。

実は、史実を見ると王賁も特に戦いに負けたような記録がありません。

李信や蒙恬が項燕に大敗しているのに、王賁は特に失敗もしていないわけです。

父親譲りの安定した兵法を持っていたのが、王賁なのかも知れません。

 

関連記事:王翦は春秋戦国時代の最後の名将!

 

魏を滅ぼす

王賁の史実での最大の見せ場と言えるのが、魏を滅ぼすところではないかと思います。

歴史小説家である宮城谷昌光さんは戦国時代は秦と魏の戦いだとも言っていました。

実際に、戦国時代を通して秦と魏は激闘を繰り返しているわけです。

最初は魏が優勢でしたが、後期になればなるほど秦が優勢になっていきます。

信陵君が魏・韓・趙・楚・燕の合従軍を率いて秦を攻めた時は、秦は大敗しましたが、信陵君の死後は秦が圧倒的に優位に立っています。

戦国時代の秦と魏の戦いに終止符を打ったのが王賁です。

王賁は、魏の首都である大梁が力攻めでは落とせないと見ると、水攻めを行い大梁の城を破壊しています。

城が壊れた事により魏王假を降伏させる事に成功して、魏を滅ぼしています。

水攻めが使える辺りは、武芸に秀でているだけではなく知力も高かった事がよく分かります。

王賁と言えば王翦の陰に隠れているイメージがありますが、史実では単独でも魏を滅ぼしているのです。

さらに、燕、楚、斉、代などを滅ぼすのに李信や蒙恬などと活躍もしています。

 

 

スポンサーリンク

 

王賁が生きていれば秦を救う事が出来たのか?

王賁の最後ですが、どのように死んだのかは分かっていません。

最後の記録が斉を滅ぼして天下統一し、2年後の紀元前219年に通武候に封じられたという事だけです。

史記の白起王翦列伝ですと、秦始皇帝(秦王政)が亡くなるよりも先に死んでしまった事が分かっています。

そのため陳勝呉広の乱や楚漢戦争に関しては一切登場はしません。

もし、王賁が生きていたら秦を救えたのか?という事を考えてみましたが、秦は王賁が生きていても滅亡したと思われます。

王賁の息子の王離は項羽に敗れるわけですが、父親である王賁が項羽と戦っていたら、どちらが勝っていたかは分からないでしょう。

ただし、当時の秦の宮廷では趙高が暴政を行っていた為、蒙恬、蒙毅、李斯などの功臣は粛清されていますし、王賁が生きていたとしても粛清された可能性が高いでしょう。

 

関連記事:趙高が【馬鹿の語源】を作った?

 

趙高の性格を考えても、実績がある王賁を生かしておくとは考えられません。

しかし、王翦が始皇帝の疑心暗鬼を上手くかわした様に、王賁も趙高の疑心暗鬼を上手くかわす事が出来れば、その後の展開も変わって来るかも知れません。

蒙恬は兵士を率いていながらも反乱を起こさずに亡くなってしまいましたが、王賁が生きていて兵権を握っていれば反旗を翻す可能性もあります。

ただし、王翦は始皇帝に諫言をしなかった様に、王賁も諫言を行う様な事は無かった様に思います。

スポンサーリンク

そういう記録がないからです。

それを考えれば、王賁が反旗を翻す可能性は低いと言えそうです。

しかし、王離は趙の張耳が籠る鉅鹿を落とせませんでしたが、王賁だったら落とす事は出来たのかも知れませんね。

尚、王離が敗れた後に、秦の最後の名将ともいえる章邯は楚の項羽に降っています。

 

関連記事:章邯は秦の最後の名将!!

 

王賁の子孫はどうなったのか?

王賁の息子は王離です。

王翦・王賁の親子は項燕や昌平君などを滅ぼし楚を滅亡させています。

 

関連記事:昌平君は謎が多い人物、キングダムではラスボス!?

関連記事:項燕は名将と呼べるのか?

 

しかし、その倒し方が酷かったのか、楚人にはかなり恨まれたようです。

楚の言葉で「楚は例え3家になろうとも秦を滅ぼすのは楚なり」とあります。

如何にして、楚人が秦を嫌っていたかが分かります。

楚の項羽と秦の王離が激突する時に、「王離は名将だから楚はすぐに破れるに違いない」と言った人がいます。

しかし、別のある人は「決して、そうはならない三代に渡って将軍に任命されると殺した人数が多い、子孫に報いが来るのが普通だからだ。王離はもう3代目だから必ず敗れる」と予言しています。

この予言が的中して、王離は項羽が攻めてくると武装度や兵の質などが圧倒的に優位にも関わらず項羽に敗れ去っているのです。

孫の代の戦いでは、項家に王家は大敗しました。

王離は項羽に敗れてから歴史から姿を消しますが、子供が二人いて、子孫は琅邪王氏や太原王氏となり名門として続いたようです。

 

三国志にも登場する王賁の子孫

三国志で王允を知らない人は少ないのではないかと思います。

呂布を上手い具合に抱え込み、董卓を排除した事でも有名です。

ただし、董卓の残党である李傕と郭汜に攻められて歴史から姿を消しました。

王允は三国志などでは国を憂える忠臣と考えている人もいるようですが、実際には傲慢な人物でもあったようです。

王賁の頃からの名門意識の高さが続いていたのかも知れませんw

三国志の時代に魏が司馬懿がクーデータを起こし実権を握った時に、反乱を起こそうとして失敗した王凌も王賁の子孫です。

こうしてみると、王賁の子孫も歴代王朝に使えたりしてしぶとく生き残ったりしているわけです。

子孫になると、文官になったりイメージが違ってきますが、昔から名門の一族として認識されていたのでしょう。

 

関連記事:司馬懿は悪なのか?それとも正当防衛?【曹爽を出し抜く演技】

 

王賁は名将なのか?

最後に王賁が名将と言えるのかですが、私が思うに名将とまでは言えないというのが答えです。

凡将ではないけど、名将とまでは行かないと思っています。

理由ですが、魏を滅ぼしたり燕・趙・楚・斉などを滅ぼすのに活躍していますが、これらの国々が既に弱体化しているような状態だからです。

魏を滅ぼしたのは、間違いなく王賁の実績です。

しかし、魏と秦の国力の差を比べてみると、軽く10倍以上離れていると思うからです。

秦は戦国七雄の韓を滅ぼした時点で、秦は既に天下の半分を手中に収めています。

魏とは国力が違い過ぎるからです。

さらに、魏は信陵君が死んだ後に、蒙驁が攻めて魏の東部を奪った事になっています。

秦から見て魏は東にある国です。

東にある国の東部を奪うと言う事は、魏の大半を秦の領土にしてしまった事を意味します。

その後、春申君主導の合従軍が秦の函谷関を攻めていますが、敗れています。

 

関連記事:函谷関の戦いの史実【最後の合従軍】

 

ここでも魏は何の戦果も挙げられずに国力を落とした事でしょう。

王賁が魏を攻めた時は、国としては風前の灯火だと思えたからです。

滅亡寸前の国々を滅ぼしても名将とは言えないと私は考えています。

さらに、廉頗が5倍の兵力を誇る燕軍を破ったり、白起の長平の戦いのように40万人を生き埋めにした、王翦のように60万の兵力を使ったが楚の大軍を破り滅亡に追い込んだ、さらには李牧のように絶望的な状況な趙を率いて秦を何度も破ったなどのインパクトがあるような実績が王賁には見当たりません。

 

関連記事:白起の用兵はどのようなものか?白起を徹底解説!!

 

時代的にそういう活躍の場が無かったのかも知れませんが、記憶に残るような名将とは言えないと思いました。

王賁はキングダムでも人気のキャラクターですので、ファンに怒られてしまいそうですが、もう少しインパクトがあるような戦いを見せて欲しいと思いました。

しかし、ミスをしないのが名将であれば王賁は名将と言えるでしょう。

キングダムでは名門意識も高いですが、仲間の事を大事に思うような一面もあり今後も期待したいと思います。

 

キングダム:キングダムの記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

-キングダム

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.