三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

キングダム

韓非子の史実【悲劇の思想家】

更新日:

スポンサーリンク

韓非子の史実のお話です。

尚、キングダムでもキーポイントになる人物である事は間違いないでしょう。

ここでは、韓非子がどのような人だったのか?史実での実績など韓非子の生涯を紹介します。

韓非子は戦国七雄の韓の公子だと言う事は分かっていますが、誰の子かはっきりとしません。

専門家の間では、桓恵王の子とする説と韓王安の子とする説があります。

私は桓恵王の子ではないかと思っています。

韓非子が紀元前280年生まれの説があるので、それを考えると桓恵王の子の方が自然だと考えています。

ただし、この頃の韓は秦に領地の多くを割譲させられたり取られていますので、国としては風前の灯のような状態です。

 

関連記事:【戦国七雄・最弱国・韓の逆転劇】韓非子・宰相で韓は天下を取れるのか?

 

 

スポンサーリンク

 

荀子の元に弟子入りする

韓非子は荀子という儒家に弟子入りしました。

荀子は楚の思想家として有名なだけではなく、春申君が蘭陵の長官に任命するなど役人としても活躍したようです。

荀子は性悪説で有名になっています。

その当時の荀子の弟子として、後の秦の丞相となる李斯も同門として学問を習っていたようです。

「李斯は韓非子に及ばないと認識していた」という記述もあります。

尚、荀子は秦で李斯が丞相になったと聞くと「李斯が宰相では世も末だ」と言い自殺した逸話もあります。

本当に自殺しかは分かりませんが、極端な人なのかも知れませんw

ただし、韓非子が宰相になったとしても、同じように自殺していた可能性もあるかと思います。

どちらかと言えば、韓非子の方が極端な性格にも感じるからです。

 

 

スポンサーリンク

 

韓王に進言する

韓非子は吃音で伝えるのは上手ではありませんでした。

しかし、韓王に対して進言を行っています。

ここでいう韓王は桓恵王ではないかと考えています。

桓恵王には、下手ながらも言葉で説明した説と書物に書いて差し出した説があります。

韓非子が口で説明したけど、韓王は聞き入れなかった事に発奮して韓非子の書物を残したと言う話も伝わっています。

どちらにしろ、桓恵王が韓非子の言う事に聞く耳を持たなかったのは間違いないです。

尚、韓非子は合従連衡などの論者を否定して、代わりに法治国家として国を治める事や重農政策を推奨しています。

他にも、商工業者や官位の売買も否定しているわけです。

これらの政策が韓王と意見が合わなかったのかも知れません。

 

関連記事:函谷関の戦いの史実【最後の合従軍】

 

秦王政が韓非子を絶賛する

韓非子の書いた書物の一部が秦に伝わりました。

それを見た秦王政(後の始皇帝)は、「この者と語り合えるならば死んでも悔いはない」と言ったとされています。

ちなみに、後に秦王政は韓非子と語り合いますが、満足して死んだという話は聞いていませんw

秦王政は、李斯の言葉により韓非子の存在を知る事になります。

李斯が韓を攻めれば講和の使者として韓非子が来ると秦王政に進言します。

 

関連記事:韓王が韓非子を評価しなかったのに秦王政(始皇帝)が評価した理由

 

韓王安は韓非子を評価していたのか

秦は韓を攻めたわけですが、講和の使者として韓非子が本当にやってきました。

スポンサーリンク

秦の方で韓非子が使者でないと講和に応じないとでも言ったのかも知れません。

それか、韓王安は韓非子の能力を高く評価していて、講和の使者であれば【韓非子しかいない】と考えて使者にしたのかも知れません。

韓王安はこの年に即位したのですが、もしかして、宰相に韓非子を任命したかった可能性もあるでしょう。

秦との講和が上手く行き韓非子が帰ってくれば、功を認めて宰相に任命したかも知れません。

ただし、韓非子が吃音で上手く喋れない事を分かっていたはずなので、韓非子を使者にするというのも変な話にも感じます。

それか、筆談を条件に韓非子を秦への使者にしたのかも知れません。

 

韓非子が秦で亡くなる

韓非子は使者として秦に行きました。

そして、秦王政と語り合い大いに気に入にいったとされています。

秦王政は韓非子を秦で重用しようとしますが、結局は秦で亡くなっています。

韓非子の死は李斯が妬んだ説や李斯が気を利かせて毒薬を渡した説、韓非子が姚賈(秦の重臣)を讒言したから亡くなった説などもあります。

他にも、李斯と姚賈が結託して韓非子に罪を着せた説など様々です。

史記でも書いてある部位によって、説明が違っていたりして分かりにくい部分でもあります。

しかし、韓非子が紀元前233年に死亡した事は間違いないでしょう。

尚、司馬遷は史記の中で「韓非子は災いから逃れる全ての事を知っていたはずなのに、自分が災いから逃れる事が出来なかった」と書いています。

これについてですが、もしかして、吃音と関係しているのかも知れません。

知ってはいたけど、吃音で上手く相手に伝える事が出来なかったという場合です。

これも考えられるのではないかと個人的には思います。

 

韓非子は諸葛亮も呼んでいた

韓非子が亡くなった3年後には韓は秦の内史騰により滅ぼされています。

そして、秦は次々に群雄を滅ぼして天下統一を達成したわけです。

しかし、統一後わずか15年で項羽により滅びてしまいました。

韓非子の思想を実践したはずの秦が短命に終わったわけです。

原因は始皇帝が亡くなった事や人民を法律により酷使しすぎた事だと言われています。

韓非子の思想はやりすぎだったのかも知れません。

しかし、秦では焚書坑儒なども行われましたが、その後も韓非子の思想は残りました。

三国志の時代では、諸葛亮孔明も読んでいた事も分かっていますし、蜀の劉備の後継者である劉禅にも帝王学として読ませていたようです。

さらに、現代になっても読み継がれていますし、日本であっても内容を知る事が出来ます。

 

韓非子を見て思った事

韓非子の書物に国は勢いを持って治めるような事が書かれていました。

しかし、戦国時代の韓を見ると、初期の昭公と申不害の時代は勢いを感じますが、それ以降は全く勢いを感じられません。

韓非子が韓で用いられたとしたら、韓で勢いを持たせる事が出来たのでしょうか?

これが非常に謎ですね。

さらに、秦と韓の国力の差は20倍あった可能性もあり、それで逆転できるのか?とも考えてしまうわけです。

尚、韓非子の人生を振り返ってみると、吃音に苦しみ、韓王には進言されずに、秦では殺されてしまいます。

一生思い通りにならなかった印象もあり気の毒に感じます。

荀子の弟子をしていた頃が一番充実していたのかも知れませんね

尚、韓からは後に漢の高祖劉邦の軍師として有名な張良が現れる事になります。

張良も韓非子は読んだ事があるのではないかと思います。

しかし、春秋戦国時代の諸子百家を語る上では外せない人物です。

 

キングダム:キングダムの記事一覧はこちらから

 

スポンサーリンク

-キングダム

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.