三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と日本の政治経済【俺の歴史書】

三国志

魯粛が可愛いとか可哀想と思える理由【頑張っている奴はカッコいい】

投稿日:

魯粛の事を「可愛い」「可愛そう」「気の毒」「お人好し」と思っている人は多いようです。

実際の魯粛は非常に気が強くて独自で兵士を集めて軍事訓練を行ってしまうような人物です。

羅貫中が書いた三国志演義とは別人なのですが、どうして「可愛い」とか「可愛そう」などの母性本能をくすぐるのか考えてみました。

ちなみに、今回の記事は三国志演義の魯粛像が中心になっています。

 

 

周瑜に怒られてばかりいる

三国志演義の周瑜は諸葛亮孔明にいいようにやられてしまい非常に損な役回りになっています。

周瑜はレッドクリフなどの映画では主人公として活躍しましたが、三国志演義だと史実の功績を諸葛亮に取られてしまったほどですw

横山光輝さんの漫画三国志でも同様に周瑜は孔明には絶対に及ばないという役割になっています。

さらに、魯粛に至っては周瑜に怒られてばかりいるわけです。

孔明に出し抜かれてしまうと、魯粛に怒りをぶつけています。

その姿を見ると、魯粛が可愛そうになるほどです。

魯粛は史実などでは絶妙なる外交をするわけですが、三国志演義では周瑜に「お主は外交の才能ゼロだのう」と無能発言をされています。

普通に考えれば、そんな奴に外交の仕事振るなよ!ってなるわけですがw

周瑜は魯粛に怒りをぶつけてしまうわけですが、なぜか自分の後継者には魯粛を指名していますw

尚、魯粛と周瑜の出会いは下記になっています。

これを見る限りでは、怒られ役とは程遠いですよね。w

 

関連記事:魯粛と周瑜【魯粛は決して怒られ役ではない】

 

 

諸葛孔明にいいように利用されてしまう

魯粛は長坂の戦いで敗れた劉備達と会う事になります。

そこで、諸葛亮もいて呉に連れ帰ってしまうわけです。

三国志演義では諸葛亮は天才軍師として描かれていて無敵の役柄になっています。

諸葛亮にいいように使われてしまいますし、周瑜との間で板挟みになってしまうわけです。

諸葛亮が周瑜には黙っているようにと言われた事を周瑜に報告すれば、

諸葛亮には「周瑜殿に言ったでしょう?」と見破られて、さらに計略のダシにされてしまう事になります。

諸葛亮に利用されてしまう非常に情けない役柄になっているのです。

しかし、史実では諸葛亮や劉備は魯粛にかなり感謝をしています。

魯粛が死んだ時には、敵国にも関わらず喪に服した話が残っています。

利用しまくったのであれば喪に服したりはしないのではないでしょうか?

感謝の念や尊敬の意があったから喪に服したのでしょう。

尚、当たり前ですが、喪に服したと言っても3年の喪に服したわけではありませんw

3年の喪に服したら3年間何もできませんからね。

ちなみに、赤壁の戦いの最大の殊勲者は魯粛と言ってもよいほどです

 

関連記事:魯粛【赤壁の戦い勝利の大立役者】

 

単刀赴会のエピソードも

単刀赴会と呼ばれているエピソードがあります

荊州を巡って孫権と劉備が対立した時に、関羽と魯粛が会談した話です。

お互いの共を少数連れて兵士を離して会談をする事になりました。

しかし、三国志演義では関羽が敵陣に僅かな共を連れて乗り込んだとされる関羽の勇気を讃える話になっているわけです。

会談の内容を見る限りでは、魯粛が終始優勢で会談は終わっていますし、実際に劉備は孫権に荊州の一部を返還しています。

尚、中国の諺で「劉備借荊州」という言葉がありますが、借りた物を返さないという意味です。

劉備のジャイアン的なところなのでしょうw

三国志演義の豪傑関羽にやられてしまう辺りも魯粛がかわいく見えるところなのかも知れません。

女性の方だと「守ってあげたいタイプ」になる可能性がありますw

 

関連記事:魯粛と関羽の会談【勝ち過ぎはよくない】と言う事。

 

 

魯粛が可愛いと感じる理由

魯粛が可愛いと感じる理由ですが、一言で言えば「頑張ってやっている」からではないでしょうか?

人間は二つのタイプに分かれると思います。

出来ない事を隠そうとしてやる気がない振りする人苦手な事でも一生懸命やるタイプの人です。

三国志演義での魯粛は明らかに後者でしょう。

そのため、頑張っている姿に人々は心を動かされて「可愛い」「可愛そう」などの感情が芽生えるのではないかと思います。

下手でも頑張っている奴はカッコよくも映るわけです。(本当かな??)

ただ、実際の魯粛を考えると三国志演義のあの役割はねえだろ!と思ってしまうのが私の本音ですけどね。

魯粛、周瑜、司馬懿、曹操あたりは「諸葛亮被害者の会」を結成した方がいいと思う位ですw

 

三国志:三国志の記事一覧はこちらから

 

-三国志

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と日本の政治経済【俺の歴史書】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.