三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

三国志

太史慈伝説!適当と武勇の人のお話wまとめ!

更新日:

スポンサーリンク

太史慈の史実での活躍などをまとめてみました。

というか、今までの自分の書いた太史慈の記事のまとめになるのですがw

強さと適当さが加味した男だと感じてもらえれば幸いに思いますw

 

 

スポンサーリンク

 

ペテンに掛けて訴訟に勝利する

成人して郡の役人となった太史慈ですが、郡と州の揉め事が起きます。

郡の役人の使者になった太史慈ですが、当時の訴訟は早いもの勝ちだったようです。

州側の使者よりも、先に到着すれば判決で勝つことが出来ます。

ちなみに、早い者勝ちという発想は、春秋戦国時代の斉の君主を決める時にも使われています。

桓公と公子糾の後継者争いの時です。

先に着いた方が君主の座になれるレースになっています。

今回は、規模は小さいですが、太史慈のペテン?とも取れる裏技を使い見事に勝利を収めます。

良い子は、こんな事をしちゃだめだよ!的な内容です。

関連記事:太史慈【初めてのお遣い】相手をペテンに掛けての勝利w

 

太史慈が黄巾賊を突破し孔融を救う

太史慈が恩を受けた孔融を救うために、1騎で助けに行きます。

しかし、孔融の戦下手と優柔不断な性格?などもあり、城は厳重に囲まれてしまいました。

太史慈は、これを打開するために、劉備に援軍の依頼をします。

黄巾賊を破るために、見せた太史慈の策と武勇が凄いなと思い記事にしました。

ちなみに、太史慈がなぜ孔融に仕えなかったか?なども分析しています。

孔融の性格に問題があると判断したのですがw

関連記事:太史慈が圧倒的な武勇で孔融を救う

 

 

スポンサーリンク

 

太史慈が丹陽太守と詐称して軍勢を集め孫策と対決したお話

太史慈は、劉繇の部下になったのですが、重用されませんでした。

しかし、斥候(偵察)の仕事を与えられると偶然にも孫策に出くわします。

凄い偶然なのですが、真剣の勝負の一騎打ちになります。

スポンサーリンク

三国志演義では数多くの一騎打ちがありますが、実際には虚構が多いわけです。

武田信玄と上杉謙信の一騎打ちが信憑性がないのと同じように、この時代であっても一騎打ちは皆無と言ってよいでしょう。

しかし、孫策と太史慈は本気で一騎打ちをしているわけです。

この様子と、孫策の部下になり活躍するお話です。

関連記事:太史慈・丹陽太守を【詐称】し孫策と戦う

 

劉繇が太史慈を重用しなかった理由

劉繇が太史慈を重用しなかった理由を紹介します。

尚、太史慈の武勇は孔融を救い管亥(黄巾賊)の残党を蹴散らした事で評価する人も多かったわけです。

実際に、太史慈を大将軍に任命して孫策と戦わせようと進言する人もいました。

しかし、許劭という人物鑑定士?が反対した事で、結局、実現しませんでした。

個人的な意見も含めて書いてみました。

関連記事:劉繇が太史慈を使わなかったのは、許劭が原因だった

 

太史慈の最後と皇帝になる野望があった?

太史慈の最後と皇帝になる野望があった事について書いてみたいと思います。

これに関しては、太史慈が死ぬ間際の言葉が残っていて、野望の高さを伺う事が出来ます。

ただし、死ぬ間際になって錯乱して言ったのか、本気で言ったのかは分かりません。

その辺りは、太史慈本人でないと分からないでしょう。

しかし、丹陽太守を詐称して孫策と戦った時に、勝って入れば、そのまま天下統一を目指した可能性もあるかも知れません。

太史慈の最後について書いてみます。

三国志演義と三国志の正史では、太史慈の死亡した場所や死に方が全然違います。

そこにも注目してみました。

関連記事:太史慈の最後【皇帝になる野望があった!?】

 

太史慈のまとめ

太史慈の記事を書いていて思ったのですが、孫策に仕える前の方が見せ場やネタ的に面白い部分が多いですね。

黄巾賊の包囲を打ち破った時の武勇は称賛するべきものでしょう。

尚、太史慈は41歳で亡くなったようです。

当時の人は寿命が短いとは言いますが、まだまだ働き盛りであったと思うので、残念な死とも言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

-三国志

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.