三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

キングダム

函谷関の戦いの史実【最後の合従軍】

更新日:

スポンサーリンク

春秋戦国時代末期の最後の合従軍のお話です。

ちなみに、この合従軍はキングダムでも一大イベントとしてお話がありました。

合従軍というのは、国々が連合を組んで秦と戦う事を主に指します。

強敵に対して、国々が手を組んで戦う事です。

今回、紹介するのが、春申君が率いた最後の合従軍です。

尚、史実では李牧が画策したとか、そういう話は出てきませんし、この当時の李牧は趙の北方の防備の長官だったはずです。

しかし、龐煖(ほうけん)が連動して、4カ国を率いて「さい」を攻めた事実はあります。

 

関連記事:合従軍の弱点とは?

 

 

スポンサーリンク

 

春申君が敗退

キングダムだと函谷関の戦いはドラマチックに描かれています。

汗明が楚将として奮戦したり、臨武君が「」に打たれたり、王翦が絶妙な采配をみせたり見せ場が多いです。

しかし、史実に残る函谷関の戦いは、簡略な記述しかありません。

春申君が総大将を務めて秦の函谷関を攻めた事は間違いないですが、結局は抜けませんでした。

史記の春申君列伝などを見ると、この年まで春申君は魯を滅ぼしたり、趙の邯鄲の危機を救ったりと活躍しています。

しかし、函谷関の戦いにより、孝烈王に疎んぜられるようになったと記載があります。

春申君にとっては痛い敗退だったのでしょう。

その後、春申君は、王位に色気を見せ始めて、最後は李園によって暗殺されています。

函谷関の戦いに敗れた事で、春申君も落ち目になっていった雰囲気が濃いです。

春申君の人生のターニングポイントでもあったように見えます。

 

 

スポンサーリンク

 

悲哀を見せ始める国々

春申君が組んだ最後の合従軍が敗れて、諸侯は撤退します。

そこから先は、秦に次々に領土を侵食されていってしまい悲哀に満ちた世界に見えます。

史記などを読んでも、秦が趙を攻めて○○を取ったとか、そんな記述ばかりになっていきます。

秦以外の、戦国七雄も守っているだけで、秦に対して攻撃を仕掛ける事は出来ていません。

趙の李牧が何度か秦を破りますが、あくまでも防衛戦争という意味合いが強いです。

圧倒的な国力を要する秦に前に諸侯はなすすべがありません。

 

龐煖が連動して「さい」を攻めている

龐煖が春申君と連動して、合従軍を率いて秦の「蕞」を攻めた記述があります。

キングダムですと、援軍として秦王政が自ら来た事になっていますが、そういう事実はありません。

スポンサーリンク

記録だと、龐煖が趙・楚・魏・趙の4カ国の精鋭を率いて「蕞」を攻めたが、抜けなかったという記録があるだけです。

龐煖も名将として、頑張った感じはありますが、この戦いを最後に秦の圧倒的な強さに屈服した感じもします。

尚、龐煖を率いた連合軍に韓が抜けているのは、韓は国力が弱体化しすぎてしまって、兵が出せない状況だったのかも知れません。

龐煖が意地を見せたといえば、「蕞」が落とせない事から、斉に兵を移して「饒安」を取った事でしょう。

そこが唯一の戦果だったのかも知れません。

しかし、斉は東の国になるので、西の秦から移動するには大変だったはずです。

自分が兵士だったら、「移動したくない」「もう帰りたい」となるでしょうw

尚、龐煖は「蕞」を攻めて落とせなかった後に登場するのは、燕を攻めていたが、秦に「ぎょう攻め」をされて急いで戻ったが間に合わなかった話です。

そこで、龐煖も史書から退場してしまいます。

 

関連記事:蕞(さい)の戦いの史実【秦の統一を決定付けた!】

関連記事:鄴攻め(ぎょうぜめ)が龐煖(ほうけん)の最後なのか?

 

函谷関の戦いが終わって

函谷関の戦いが終わると、諸侯は秦に対して抵抗する力を失っています。

諸侯の唯一の希望であった春申君が敗れたのが大きかったのでしょう。

これ以降は、諸侯が秦から領土を奪うような戦いを起こした形跡がありません。

函谷関の戦いは、統一への詰みの1手だったと言えます。

 

函谷関を破った男

おまけの記事なのですが、函谷関は戦国時代初期の秦の孝公が作ったと言われています。

孝公は、商鞅を登用する事で、秦を法治国家にして強国にのし上がっています。

函谷関は自然の要害と組み合わさっていて、難攻不落と呼ばれていました。

他にも、孝公の亡霊が守っているなども噂されていたようです。

しかし、戦国時代を通して1回だけ函谷関が抜かれた事があります。

斉の孟嘗君が斉・魏・韓の連合軍を率いて、秦を攻めた時です。

ちなみに、秦の昭王の時代となります。

この時は、秦が領土を割いて与える事で、合従軍は撤退しました。

 

関連記事:秦の昭王を【戦神】と呼ぶには無理があると思った話【キングダム】

 

戦国時代を通して、函谷関が抜かれたのは、この1回だけでしょう。

この時に、孟嘗君が咸陽まで攻め込んでいたら、秦は滅びたのかも知れません。

尚、秦末期ですと、陳勝配下の周章が函谷関を抜く快挙をしていますが、囚人兵を率いた章邯に敗れています。

そして、函谷関の外に押し戻されて、敗退しました。

しかし、歴史的に見ると、合従軍は、連携が悪いのか機能しなかったイメージが強いです。

やはり、連合軍を統率するのは大変なのでしょう。

それを考えると楽毅は偉大ですね。

スポンサーリンク

-キングダム,

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.