三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

キングダム コラム

李牧は悲運の名将!

更新日:

スポンサーリンク

キングダムを見ると、秦の天下統一にとって最大の障壁は趙の李牧のように見えます。

李牧は歴史に実在した将軍です。

もちろん、趙を支えた名将とよぶにふさわしい人物です。

尚、この時代は司馬遷の史記に書かれていますが、李牧の事は廉頗・藺相如列伝の中に収録されています。

実際の李牧がどのような人物だったのか史実を見て行こうと思います。

尚、李牧の付き従っているカイネという女性がいますが、カイネはキングダムのオリジナルキャラクターだと考えられます。

史記だけではなく、戦国策、戦国縦横家書なども読みましたが、カイネという女性は存在しませんでした。

もしかして、私が知らないだけで、中国の他の書物の中では登場する人物なのかも知れません。

尚、李牧の子孫に李左車がいて項羽の劉邦の楚漢戦争の時に活躍しています。

 

 

スポンサーリンク

 

李牧は宰相ではない?

李牧というと、戦いに強いだけではなく、趙国の宰相として政治にも大きく関わっているように描かれています。

史実の李牧を見ると趙の幽穆王によって大将軍に任じられた話は史記にも書かれています。

しかし、どこを探してみても宰相になったという記述は見たことがありません。

尚、戦国策などでは、最後まで根っからの武人として扱われています。

それに対して、廉頗の方は趙の相国(宰相よりも上の名誉職)になったなど、政治にも大きく関わっていた節があります。

 

鶴翼の陣で匈奴を破る

李牧は初登場の時に、北方の守備の長官として登場します。

趙は北方にある国なので、匈奴と呼ばれる遊牧民族などの侵攻に悩まされていました。

その北方を匈奴から守る長官に李牧が任命されたわけです。

敵が攻めてくると李牧は戦う事を禁じて、兵士に城に籠るように命令していました。

趙の方は被害もありませんが、敵を倒して戦果を挙げる事も出来ませんでした。

このやり方が、超の兵士の間でも李牧は臆病だと考えている人が多かったという話が残っています。

キングダムでも李牧って頭は滅茶苦茶いいですけど、どこか人が好さそうな一面も多く見受けられます。

部下に臆病だと思われていた性質をキングダムでも取り入れたのでしょう。

これにいらついたのが趙王(孝成王だと思われる)です。

そして、趙王は李牧を解任して別の将軍を任命しました。

変わった将軍は匈奴が来るたびに出陣して迎撃しましたが、成果もあげる事が出来ませんし、味方の被害も甚大でした。

そこで、趙王は業を煮やして李牧を再任しようとします。

しかし、李牧は病気だと言って命令に従おうとしません。

そこで、趙王は無理やり将軍にしようとしたのですが、ここで李牧は自分の好きなようにやらせる事を条件に将軍になる事を約束させました。

再び李牧が将軍になりましたが、趙の北方は前回と同じように、匈奴が攻めてくるたびに城に籠り出撃しようとしません。

しかし、部下たちは手厚く給料を貰えて厚遇されていました。

そこで、部下たちが李牧に「一戦したい」と自分たちから言ったとされています。

ここで李牧は本格的な軍事訓練を初めたようです。

そして、匈奴が少しの人数で攻めてきた時に、わざと趙兵の一部を置き去りにしてしまいました。

匈奴の単于(匈奴の王様)は、李牧は臆病だと判断して、大軍を率いて自ら趙国に攻め込みました。

ここにおいて、李牧は本格的に出陣して、鳥が羽を広げたような陣形で敵を倒したと史記に記載があります。

私が想像するに、鶴翼の陣で匈奴を破ったのではないかと思いました。

鳥が羽を広げたような陣形といえば鶴翼の陣意外に思い浮かぶ陣形もありません。

尚、この時にヨーロッパの方ではハンニバルがローマを相手に活躍していた時期でもあります。

ハンニバルはローマと戦った時に、両サイドの騎兵を上手く使い敵を破っていました。

これも鶴翼の陣を上手く使っていたのでしょう。

ヨーロッパとアジアの東西で鶴翼の陣で敵を破るというのは、灌漑深い感じがします。

李牧の方に話を戻しますが、さらに李牧は北方に攻め込み匈奴の部族の一部を滅ぼしたり支配下におきました。

李牧が大戦果を挙げた為、匈奴は10余年にわたって趙の国境に近づかなかったという話があります。

北方において李牧は無敵の将軍で将兵からの信望も厚かったのでしょう。

尚、この時のカイネなどの話しと共にキングダムでは読み切りで収録されています。

 

 

スポンサーリンク

 

廉頗が更迭されて中央へ

趙も悼襄王の時代になると、廉頗はかなり年寄りになっています。

廉頗が年寄りと言う事で、悼襄王が嫌ったのか、戦場にいた廉頗を突然更迭して楽乗に将軍を変える命令を出しました。

この時に、廉頗は腹を立てたのか、交代でやってきた楽乗を攻撃して自らは魏に亡命してしまいます。

中央では廉頗もいませんし、交代の将軍であるはずの楽乗もいなくなってしまい、後任として李牧を中央に招聘したのでしょう。

そこで、李牧は秦軍を破り大いに活躍するわけです。

 

桓騎を破る

史実の話しで李牧が桓騎を破るのは本当の事です。

この記事を書いている段階では、キングダムではそこまで言っていませんが、史実では間違いなく桓騎を李牧が破ります。

桓騎は、その前の戦いで大活躍をして10万の敵の首を取りました。

勢いにのって李牧と対決したわけですが、見事に李牧に敗れてしまいます。

史実だと、その後の桓騎の記述がありません。

ただし、一説によると、燕国に行き樊於期と名乗ったとされています。

樊於期は、燕の太子丹が荊軻を刺客に送った時に、樊於期の首を秦王政が油断するために首を斬って送った人物です。

しかし、キングダムでは樊於期は既に登場していますので、どうなるかは分かりません。

あと、キングダムで李牧が桓騎の弱点を見つけたとされていますが、どのような弱点なのか今から気になりますね。

李牧や王翦のような緻密な戦いが出来ずに、そこを李牧にやれれるのかも知れません。

スポンサーリンク

桓騎を破った後も、秦は別の将軍を使い趙を攻めますが、そのたびに李牧に撃破されてしまいます。

 

李牧の最後

李牧の最後は、どのようなものなのでしょうか?

人間というのは、絶対に死ぬわけで、もちろん李牧も例外ではありません。

人によっては、信(李信)に真っ二つに斬られるのでは?とか期待している人もいるかも知れません。

しかし、そのような事はなく李牧の最後は郭開という人物の讒言により、趙王(幽穆王)に処刑されてしまいます。

ちなみに、上記がキングダムの郭開で、廉頗の事を悪くいい趙を去らせた男(宦官)でもあります

秦王政は、王翦に趙を攻めるように命令します。

王翦も名将ですが、流石に李牧が相手では簡単に勝たせてくれません。

そこで、秦の首脳陣は李牧を趙王に殺させる策に出ます。

幽穆王のお気に入りである郭開に金を掴ませて、李牧を悪くいい解任させる事に成功します。

しかし、李牧は命令を受けません。

趙王と郭開は刺客を放ち李牧を殺してしまいます。

李牧が殺されてしまうと、もう一人の将軍である司馬尚も将軍を解任されて庶民に落とされてしまいました。

趙の三大天二人が同時に消えた瞬間でした。もはや、趙には秦に対抗できるほどの名将はいません。

そして、李牧と司馬尚の後任に趙葱と斉将である顔聚を将軍に任命しますが、王翦に大敗して結局、趙は滅びてしまいました。

その後、趙嘉が代に逃げて、代という国となり生き残りますが、結局、王翦に敗れ趙は完全に滅亡ました。

李牧の死から3カ月で趙の都である邯鄲が落城したとされています。

李牧の死をもって趙は滅亡したとも言えるでしょう。

郭開の方は、その後の記述がなくどのようになったのかは一切分かりません。

尚、李牧と一緒に解任された司馬尚は三国志で有名な司馬懿仲達のご先祖様とされています。

 

李牧はイケメンなのか?

李牧って、キングダムの場合ですとイケメン風の爽やかでしかも芯を持った強い男として描かれています。

しかし、実際の李牧って、どういう感じの人だったのでしょうか?

若い頃は分かりませんが、戦国策に李牧の容姿についての記述が残っています。

秦にいた司空馬という人物が趙の幽穆王と会見した話が残っています。

司空馬は、趙の滅亡を予言するわけですが、そこに武安君(李牧)が生きていれば1年は趙は持つという事も言っていました。

その話の最後の方で、李牧が王翦と対峙していた時に、長年の戦いから体が不自由になっていたような記述がありました。

李牧は長い間、戦場にいた事で体はかなりガタが来ていたようです。

しかし、知力、統率力などは極端に高かったようで、連戦連勝だったのでしょう。

史実の李牧は、戦いの人であって、容姿は端麗ではなかったのではないかと思います。

 

 

キングダムの李牧は活躍しすぎ

キングダムだと李牧は秦の6代将軍である王騎を破ったり、龐煖(ほうけん)と共に燕の劇辛を破ったり、さらには楚の春申君と共に函谷関にまで攻め込んでいます。

しかし、史実の李牧がそれらを行ったとする話はどこにもありません。

尚、この記事を書いている段階では、李牧は王翦や蒙恬、李信、王賁らと鄴(ぎょう)を巡って知略の限りを尽くして激闘しています。

しかし、史記や戦国策などを見てみると、鄴攻めの防御の将軍として李牧がいた記述は一切ありません。

確かに、桓騎を破るなどの戦果は史実でもありますが、王騎、劇辛、函谷関との戦いでは李牧が戦いに参加した記述はありません。

函谷関の戦いの時は、史実ではまだ北方の長官として将軍をしていたのではないかと私は思っています。

史実に対して、かなり色々な戦場に出向いてる事になってしまったのがキングダムの李牧です。

さらに、斉王建、蔡沢と共に秦の都である咸陽に外交に行き、戦国七雄全てと同盟を結ぶ案を出したシーンがキングダムでもあります。

ただし、史実では李牧が秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓の同盟を終結させようとした記述はありません。

尚、キングダムの主人公である信は、苗字が無いようですが、もしかして李牧から李性を譲られて李信を名乗る可能性もあるのではないでしょうか?

キングダムで李牧をこれからどのようにして描くかは楽しみでもあります。

尚、李牧の死後は、項燕昌平君が秦の最後の敵として立ちはだかるのではないかと私は考えています。

史実を元にかなりネタバレしてしまいましたね。

その他のキングダムの記事

 

戦国策での李牧の最後

この記事は追記です。

李牧について説明が不足していた部分もあるので書いてみたいと思ます。

李牧の最後については、戦国策が詳しいです。

戦国策だと李牧を讒言したのは、郭開ではなく、韓倉という人物になっています。

将軍を更迭された李牧に韓倉は、匕首を帯びているから死刑が妥当といいます。

しかし、李牧は「私は肘を痛めている。肘が曲がっているので地面に届かない。見苦しい様はお見せ出来ないと考えて大工に棒を作らせて腕についている信じないのであればお見せしよう」と言い、自分の腕を見せます。

すると、匕首ではなく木の棒が出てきました。

李牧「王に取り次いでもらいたい」

韓倉「王の命であなた(李牧)は死を賜ったのだ。許されるわけがない。取次はしない」

李牧はそのまま自害しようとします。

韓倉「臣下たるもの宮中で自害はならぬ」

李牧は大急ぎで立ち去ると、門を出たところで右手に剣を取り自害を図ります。しかし、李牧は肘の負傷などもあり自分を刺す事が出来ません。

そこで、李牧は剣を口に咥えて柱に当てて突き刺して自害しました。

これが戦国策における李牧の最後です。

そして、李牧が死んだ5か月後に趙は邯鄲を落とされて滅亡しました。

悼襄王の元の太子嘉が代に逃げて代王となりますが、その4年後に秦によって代も滅ぼされています。

 

戦国策の李牧の最後はかなり詳しいですが、悲惨な最後になっています。

李牧が口に剣を加えて柱にぶつけて自害する最後はキングダムではやめて欲しいなと感じました。

これだったら信に真っ二つに斬られた方がマシかなとも思います。

どのような最後になるにしても、ドラマチックに描いてくれるのではないかと考えています。

 

スポンサーリンク

-キングダム, コラム

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.