三国志・キングダム・春秋戦国時代などの歴史を紹介します。

三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書

キングダム

李信の最後や子孫はどうなったのか?

更新日:

スポンサーリンク

キングダムの主人公は信という男です。

猪武者一辺倒のイメージがありますよね。

尚、この信が史記などによる李信となります。

この先、李牧から李性を貰う事になるのか、秦王に授けられるのか分かりませんが「李信」に変わる時が来るのではないかと考えています。

しかし、李信って、どのような最後になるのか気になる人も多いかと思います。

史実の李信の最後を見ると、斉を滅ぼした時点で記録がなくなっていて、登場しなくなっています。

始皇帝(政)が崩御して、秦はわずか4年で滅亡してしまいます。

その間に、秦軍の指揮を執ったのは王離(王翦の孫、王賁の子)が軍勢を指揮した記録はありますが、李信についての記述は一切ありません。

しかし、その後の子孫の記述はあるのです。

ここでは、李信の活躍と、その子孫を見ていきたいと思います。

尚、李信の子孫は皇帝になったという話もあるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

李信の活躍

李信は、史記では列伝がありません。ただし、王翦列伝や始皇本紀などに登場します。

実在した事は間違いありません。

燕を攻めた時に、燕の太子丹(政の暗殺を企てた人)を追撃して斬ったとも言われていますし、燕を攻める時に大活躍したようです。

その後、楚を攻める時に20万人で楚を滅ぼせると蒙恬と出陣しますが、項燕の前に敗れさっています。

そして、王翦が出陣して楚を攻め滅ぼすわけです。

楚を攻め滅ぼした後に、李信、王賁、蒙恬の3人が兵を率いて斉に侵攻し斉王建が降伏して天下統一しました。

これを最後に、李信の行方は分からなくなります。

尚、秦は失敗をすると罪を着せられてしまうので、将軍は逃亡してしまう事が多いのですが、李信に関しては楚攻めで失敗しても粛清されていません。

そのため秦王政に史実でもかなりのお気に入りだったのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

李信の子孫

李信に関しては、新唐書に記述があり秦の大将軍になった記述もあります。そして、隴西侯になったとされています。

李信の子は李超といい漢の大将軍になったという記述があるのです。

しかし、李信や李超が秦末期や項羽と劉邦が争った楚漢戦争の時に、どのような行動を取ったのかは一切わかりません。

李信に関しても、何歳で死んだかも、何年に亡くなったかも出てきません。

記録がある新唐書は、李信たちの時代よりも1000年以上も後に書かれています。そのため、信憑性がないと指摘する専門家もいます。

李超が漢の大将軍になったのであれば、漢書や史記などの記述があってもよさそうですが、一切の記述はありませんでした。

 

飛将軍李広は悲運の名将

李広は、漢の文帝や景帝、武帝時代に活躍した名将です。

李信の孫にあたります。

飛将軍とも呼ばれ、匈奴からも恐れられています。

漢の文帝と狩りをしていた時に、トラだと思って李広が弓を放ったら、石で弓矢が石に突き刺さっていたという話があります。

「石に立つ矢」の語源になったお話です。

スポンサーリンク

※石に立つ矢・一念を込めてやればどんな事も達成出来るという意味

それを見た文帝は「高祖(劉邦)の時代に生まれたのであれば大諸侯になれた」と残念がったとされています。

しかし、武帝の時代になると、年を取ってしまったせいか活躍が思うように出来なくなってしまいます。

武帝自身は派手好きな皇帝なので、李広のような老人は好まなかったのかも知れません。

名将の割に出世が出来なかった悲運の武将ともいえるでしょう。

 

李陵をかばった司馬遷が罪を問われる

李広の孫は李陵という人物です。

楚の屈強の兵士5000人を連れて出陣しますが、運悪く匈奴の3万の軍勢と遭遇しています。

本来遭遇するはずだった漢軍とすれ違いになってしまい、別動隊の李陵の部隊と遭遇してしまったわけです。

それでも、李陵は諦めることなく奮戦するわけですが、最後は矢尽き刀折れ、降伏してしまうわけです。

降伏した事に武帝は激怒したわけですが、司馬遷は李陵を庇います。

その事で、武帝の怒りを買い司馬遷は宮刑にされてしまいました。

宮刑というのは、男根を切除してしまう惨い拷問です。

しかし、それに奮起した司馬遷は史記を完成させる偉業を成しています。

 

李信の子孫が唐を建国

李信の子孫はその後、西涼を建国した李暠に繋がり、その子孫が詩人として有名な李白になると伝承されています。

さらには、唐を建国した李淵も李信の子孫とも言われています。

唐という国は、日本とも交流があり遣唐使としても有名ですね。

さらに、2代皇帝である李世民に関しては、貞観政要などのやり取りで有名です。

しかし、これらの系譜は箔をつけるための捏造ともいわれているのです。

本当に李信の血が流れているのかは分かりませんが、唐の皇帝は李信の子孫を名乗っています。

それが本当であれば、かなり出世した一族となります。

 

キングダムの信はどのような最後を迎えるのか?

キングダムの信ですが、どのような最後を迎えるのか興味があります。

一つは斉を倒した後に、天下統一されたという事で将軍をやめて田舎生活を満喫するというものです。

他にも、考えられるのは、河了貂か羌瘣と夫婦になって終わり??など、様々なストーリーが考えられます。

それか、可能性が低いと思うのは、秦に残る設定です。

統一後には、文官となり始皇帝となった政を助ける役目にかわるという最後です。

しかし、統一後の政は蒙恬に命じて万里の頂上を築かせたり北方に攻め入るなどしています。

民を慰撫したなどの気配はありません。

政の様々な性急な改革が秦の滅亡を早めたとも言われているわけです。

それを李信が止めないのも変な話でしょう。

辞めて欲しいと思う最後は、2世皇帝時代まで生き残ったけど、宦官の趙高によって無実の罪を着せられて殺されるパターンです。

流石に、このパターンはないと思いますが、その可能性もゼロではありません。

やはり、斉を討伐した後に、秦には戻らず帰農したなどの設定が普通かなと感じました。

尚、キングダムですが、中国を統一して秦が滅亡するまえ描いてくれたら個人的には嬉しいですね。

 

関連記事:王賁の史実の実績と子孫【名将と言うにはインパクト不足?!】

 

キングダム:キングダムの記事一覧はこちらから

 

スポンサーリンク

-キングダム

Copyright© 三国志・キングダム「春秋戦国時代」と史実と考察の歴史書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.